3/30/2006

どんなに綺麗でも、侵略的?

もう3月というのに、先週は2度まで冷え込む朝もあったが、どうやら4月を目前として、やっと本格的に暖かくなってきたフロリダ。

ウチの周りには、3軒ほどのお庭に、藤の花が、見事なまでに、ただいま満開新緑の緑と淡い紫のコンビネーションは、春らしく、目を楽しませてくれる。


日本だと、藤棚とかにして綺麗に納まっているはず。しかし、アメリカでは藤の手入れの方法を知らないのか、フェンスに這っていたり、放置されて、あるがままに木のような状態になってしまっているのもある。すごいのは、藤の太いつるが、隣に生えている高い松の木に登って育ってしまい、20メートルもの高さから花が垂れている。

この写真の藤、日本や中国の品種で、フロリダに元から生息していたわけではない。実は、このように、日本からやってきた植物で、フロリダの野生に生息している植物が、もう一つある。それは、

日本では、この葛、葛湯にしたり、料理のとろみをつけるのに使われるが、アメリカでは、葛を使った食品や製品、見たことがない

もともと、1876年、日本政府が、アメリカ建国100年のお祝いに、フィラデルフィアに日本庭園をつくった際に、庭園の中の植物の一つが、葛だったらしい。 ちなみに花は、とっても綺麗で、よい匂いがするそう。


その後、1920年ごろから、フロリダでは、動物用飼料として、葛の栽培が始まったそうだが、気候が良すぎるのか、とにかく育ちすぎて、コントロールできないまでに育ってしまった。今では、すっかり野生化して、フロリダや、南部の林で生息している。

野生化といったって、とにかくその育ち方の猛威は、只者ではない。木でもなんでも、支えになるものを使って、こんな感じになってしまう。もちろん、葛に覆いかぶされてしまった木は、日光や酸素さえ遮られてしまうので、弱って枯れてしまう。

というわけで、フロリダでは、今では、葛は「フロリダの植物環境に害を及ぼす、異国の雑草」の一つと指定されている。日本語では「帰化植物」と呼ぶこういった植物を、英語では、「Invasive Plant」と呼ぶが、このように、従来の植物環境が、帰化植物によって破壊されてしまうことを考えると、Invasive(侵略的)と呼ぶのも、けっして、過激すぎではないのかもしれない。

12 Comments:

Blogger フロリダの風 said...

生憎Green Thumb持ち合わせない私はお花や植物大好き人間にしてはそれらに殆ど無知で、ブログ友達にいつも沢山の事を学ばせて頂いています。
今日のChaChaさんの記述もとても勉強になりましたよ~。そうでしたか。
この家の周りでWisteriaを見た事がありませんですよ。HawaiiやCaliforniaではよく見たように記憶していますが、、。それでも日本のように藤棚にしたのはあまり見かけませんでしたよ確か。
葛は日本では整腸剤にも良いとされ葛を健康食品として常食している方も多くおられるようです。私も父がこちらに住んでいた時にわざわざ中国食料品マーケットで葛粉を買いに行き、葛湯を作りましたですよ。

Sat Apr 01, 07:02:00 AM GMT-5  
Blogger Yume said...

きれいな藤ですねぇ。chachaさんのお宅ではきれいな藤棚になってるのかしら??

Sat Apr 01, 09:20:00 PM GMT-5  
Blogger Bambina said...

藤の花、きれいですね。
あ、でもこの時期に藤の花が咲いているということはかなり温かい証拠!?
葛のことは、ちょっと残念ですね…。手入れの仕方をきちんと伝授してもらって、その使い方たるものを学んでくれていれば、もっと違ったと思うのですが…。

一方日本に大発生中の、黄色の花?がつく雑草やら(よく線路わきや川の土手に…)、お魚のバスなどはフロリダの葛の逆バージョンですね。

最近、ロンドンのオーガーニックショップでは葛の粉まで登場していて、びっくりしました。
私も葛湯が好きで、里帰りの時におばあちゃんがたくさん買ってくれました。ちょうど、そろそろ飲もうかな…と思っていた頃だったんですよ。(笑)

Sun Apr 02, 07:13:00 AM GMT-5  
Anonymous busuke said...

葛ってそんなに強い植物だったんですね。
ドイツではさすがに見かけないなぁ。
キレイで強いのはいいけど、勢いが強すぎると敵視されてしまうんですね。
せっかく沢山あるんだから葛の食品を作って、ヘルシー食品として売り出したらどうでしょう。

Sun Apr 02, 01:02:00 PM GMT-5  
Blogger weesheep said...

オーストラリアではスーパーでBaking SodaとならんでArrow Rootという名前で葛が売られています。 オージーはとろみをつけるために使うのか、他に使い道があるのかわかりませんが、普通に置いてあるところを見るとポピュラーなもの、のようです。

Mon Apr 03, 06:46:00 AM GMT-5  
Blogger Envy said...

どうしても仏花をイメージしてしまうので(日本人だなぁ)花屋では紫色の花を避けてしまうのですが、藤の花は大好き。あれほど上品な紫の花はないですよね。

フロリダの風さんのコメントに中国系マーケットで葛粉を購入とあったので、さっそく近いうちチェックしてみようと思います。ニュージーランドはこれから冬に突入なので、葛湯が飲めると思うと嬉しい。

Mon Apr 03, 08:36:00 AM GMT-5  
Blogger さより said...

「Invasive Plant」。いい勉強になりました。

実は、恥ずかしながら「帰化植物」と言う言葉も知りませんでした。。。

これだけ国交が開かれて、各国が動物や植物などの交換を行っていれば、全世界どこでもこの「Invasive Plant」の問題は結構シビアなのではないかと思います。

でもこうした動物や植物からしたら、勝手につれてこられて、侵略者扱いとは、迷惑な話ですよね。。。。

シアトルにも神戸からやってきた染井吉野が沢山ありますが、上手く共生して、Cha Chaさん家のご近所の藤のように、いつまでも人々の癒しであって欲しいと思います。

話は変わりますが「March Madness」、フロリダが優勝しましたね。おめでとうございます。

Tue Apr 04, 12:40:00 AM GMT-5  
Blogger Minako said...

藤の花、さすがにスウェーデンにもありません。美しい紫色で素敵ですね。藤棚の下でほのかな香りを楽しんだことを思い出しました。
葛の花はまったく知りませんでした・・・きれいですね。異国の土地に移植されると植物は意外な結果を及ぼすようで、日本でキリン草と呼ばれているのもInvasiv plantの一種でアメリカ人の靴の裏についていた種から広がったと聞いたことがあります。
人間の交流って意外なところで自然にいろんな影響を及ぼすんですねえ!

Tue Apr 04, 03:07:00 AM GMT-5  
Blogger はな said...

あの葛の写真、確かにすご~い!

かわいそうなんだけど、やっぱり気持ち悪いです・・・(;^-^)

Wed Apr 05, 01:33:00 AM GMT-5  
Blogger ジャパワイフ said...

葛と言えば葛餅ばかりが頭に浮かんでしまいます。浅草の和菓子屋さんの葛餅最高です!

そして、日本で働いていた時に京都出身の先輩から頂いた葛饅頭。。。名前聞いておけばよかったと思うほど忘れられない一品でした。

葛湯は残念ながら飲んだ事ありません。でも、皆さんのコメント読んでトライしたくなりました!!ちなみに、葛って味は特に無いですよね?何か、レモン味!とか、イチゴみるく味とかあるんですかね??

Wed Apr 05, 05:35:00 PM GMT-5  
Blogger leaf.child said...

ベイエリアは雨ばかりで+まだ寒いです。

Wed Apr 05, 05:43:00 PM GMT-5  
Blogger Cha Cha said...

フロリダの風さん、

そうですか、ハワイやカルフォル二アでも、藤が見れるんですねー。

くず粉、わざわざ、マーケットまで、買いに行きましたか。そうですね、こちらでは、料理のとろみは、コーンスターチでつけますもんね、葛は普通のお店では買えませんね。

整腸剤によいのは、知りませんでしたよ。今度、オリエンタルマーケットに行った時は、ぜひ、手にいれたいですね。

------------------------------------

Yumeさん、

このあたりの植木屋では、うってないのよ。だから、オンラインで取り寄せようと思ってるんだけど、なぜか、ウチがフロリダと聞くと、ああ、暑すぎてダメだよーって、言うんだよね。でも、こうやって、近所では育ってるんだから、大丈夫だとおもうんだけど。。。そうそう、買ったら、だんなに藤棚つくってね、ってこの間、たのんだら、そんなもん、どうやって造ったらよいのか、分からないって。。。。とホホ、結局、私が、作らなくちゃ、ならないのかしらん。

------------------------------------

Bambinaさん、

黄色の花、そういえば、ウチの方では、背高泡立ち草、というのが、ありました。これは、空き地に子供の頃、よく生えてましたね。

そういえば、近くの池には、ブラックバスというお魚がいて、男の子たちは、よく、釣りに行ってましたっけ。あれも、実は、外地から、来たものなんでしょうか。

えー、ロンドンでは、くず粉買えるんだ。そうそう、あのトローッとした葛湯は、Comfort Foodの一つですね、日本人には。

------------------------------------

Busukeさん、

ははは、そうでしょ、実は、この有り余っている葛で、 何か、実用できるものでもつくればよいと思うのですが、こちらでは、料理のとろみは、コーンスターチでつけます。なぜでしょうね。

そういえば、前、バスケットを手作りしている人が、ブドウとか、葛の強いツタで、バスケットと作れるとか、言ってましたが、こういう方は、あまりいないのでしょうな。

------------------------------------

Weesheepさん、

えー、オーストラリアでは、ベイキングソーダと並んで売っている。すごい、何に使うのだろう。日本と同じように使うのかしら。

そういえば、オーストラリアって、日本に近いからかしら、結構、日本のもの、手にはいったりしません???いいなぁ。

------------------------------------

Envyさん、

ふふふ、そうか、仏壇の花ね、そういえば、白と紫の取り合わせは、どうも、仏っぽいねー。でも、実は、紫って、一番すきな色なのよー。

そうかぁ、南半球は、これから、冬ですね。こっちは、どんどん、暑くなってます。

------------------------------------

さよりさん、

そうですね、今時代は、人の行き来も多いし、それに伴って、動物や植物を密輸する人が出てくるんでしょうね、意図的であれ、そうでないにしても。。。。

そうそう、そういえば、この間、そちらのブログで綺麗な桜を拝見させていただきました。やはり、日本人には、日本の花にホットさせられますね。

------------------------------------

Minakoさん、

麒麟草、グーグルで、見ましたよー。私は、実際に見たことありませんが、なかなか、かわいい、綺麗な花です。あ、でも、これ、迷惑物なんですね、日本では。。。。そうですか、アメリカ人の靴についてきたとは、すごい、根性のある植物ですね。面白い。

------------------------------------

はなさん、

そうでしょ、このあたりも、林の奥にはいると、こんな感じでジャングル化してます。結構、怖いです。

------------------------------------

ジャパワイフさん、

あ、そうでした、これ、忘れてました。葛餅。これは、美味しい。そうですか、葛饅頭というのも、あるのね。やはり、京都らしい。葛湯は、トロリとして、ほんのり甘い感じです。レモン味とか、イチゴ味、これは、まだであったこと無いけど、結構、いけそうですね。

------------------------------------

Leaf.childさん、

こっちは、朝晩は冷えますが、日中は、暑いです。こちらは、雨の降らない日が35日以上も続いているらしく、火事の注意がでてますよー。

Thu Apr 06, 07:36:00 PM GMT-5  

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home